流言飛語、それとも…

1997年8月13日TO ENGLISH


8月9日 なにか、良くわからないことが起きているようなので、今のうちに書き留めておきます。

 自分の目で実際に見たこと。

▲8月8日、午後2時ごろ、ヘリコプターが、市街地上空で超低空飛行した。およそ30分位続いた。
▲同日午後5時すぎ、目の前を走行中の乗用車3台が、突然サイレンを鳴らし、赤色灯をつけて覆面パトカーに変身し、交差点を曲がっていった。

 うわさ話として聞いたこと。

▲N町の交番からパトカーがぬすまれ、神社のところに乗り捨てて有った。
▲泥棒が逃げているので注意するように、広報車がスピーカーで言っていた。
▲犯人は夜には捕まっていて、覚醒剤を打っていたらしくパンツ一丁の姿だった。
 8月9日午前6時現在、新聞にもそれらしいことは一行も載っていない。なにか事情があって報道を控えているのか、それとも報道するほどのことではないのか、どちらかは判らないけれども、情報が入らない事の不安を感じたので今の気持ちを書き留めておきます。
詳しいことが判ったら続報します。

8月12日北海道新聞夕刊
パトカー奪い暴力団員逮捕 奈井江
盗難車両捜査の連絡に当たっていた砂川署のミニパトカーが八日、帯広市内に住む暴力団員に乗り逃げされ、約一時問半後、約十`離れた砂川市内で発見されていたことが十二日、分かった。
男は八日夜、滝川市内の旅館にいるところを盗みの疑いで緊急逮捕された。
逮捕されたのは帯広市在住、暴力団員、職業不詳沢井誠容疑者(三五)。
調べによると同署は、帯広市内の女性所有の盗難車が砂川方面を走っている情報を受け、道警ヘリも動員して捜査。
空知管内奈井江町内の山中に乗り捨ててあった車を発見したため、八日午前から署員が付近を捜索。
同署の巡査部長(四五)がミニパトに一人で乗って現地に連絡に行く途中の午後一時ごろ、両手を挙げ道路わぎから出てきた男に事情を聴こうと車を下りて近づくと男がすきを見て急に走って車に乗り、逃げた。
同署の調ぺで、当初の盗難届は男と交際していた女性が、貸していた車を心配して出したものとわかった。

8月13日 朝日新聞朝刊
ミニパト乗り逃げされちゃった道警公表せず
砂川署 盗難車の捜査中
盗難車の捜査にあたっていた砂川署のミニバト力−が八日、空知支庁奈井江町で暴力団員に乗り逃げされ、一時間半後に十キロ離れた砂川市内で発見されていたことが十二日、分かった。
暴力団員は八日夜に滝川市内の旅館にいるところを盗みの疑いで逮捕された。
道警はこの事件を公表していなかった。
逮捕されたのは、帯広市の暴力団員沢井誠容疑者(三五)調べによると、同容疑者は八日午後零時五十分ごろ、同町内の山中で車両盗難を捜査中の同署地域課の巡査部長(四九)に見つかり、話を聴こうと降車した巡査部長のすきを突いて、ミニパトカーに乗り込み、運転して逃げた疑い。
事件前日の七日に手配中の無人の盗難車がこの山中で見つかったことから、同署の捜査員二十人が八日朝から山狩りをしていた。
巡査部長は操作員に弁当を配るため、一 人でミニパトカーを運転している最中に、沢井容疑者とばったり出くわしたという。
同署によると、沢井容疑者は両手を上げながら「降参した」などと言って油断させ、突然、パトカーに助手席側から乗り込み、ドアをロックして振り切ったという。
パトカーは午後二時十五分ごろ、砂川市の中心部に近い神社の境内に乗り捨てられているのが見つかった。
同署は山中の盗難車も沢井容疑者が盗んだ疑いがあるとみて調べている。
道警は公表しなかったことについで、「街なかを逃げ回ったケースでなく、すぐに発見された。
容疑者が別の事件に関係している可能性があり、捜査上の支障もあった」と説明している。

▲事実を知らされないと、うわさ話だけが一人歩きを始める。
何かがあったらしいのだけれど公式発表(新聞報道)がないとなると、なぜ公表されないかということで、うわさ話の尾ひれは一層長くなる。
これによって誰それがまずいことになるとか、ちょっとこの場では紹介できないような色々な話が“創作”される。
『流言飛語』とはこの事かと実感しました。
 ▲確かな話はほんの僅かで、どこからでたのか訳の分からない「うわさ話」があふれかえる。
 酒鬼薔薇事件の時のテレビ・マスコミ報道と同じ構図が見えてきます。
 事実に基づいて話すこと。確認のとれる事だけが報道されているか、よく見守ること。そして自分の頭で考えること。いつも自分自身が試され、問われています。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.