97/10/16

歩く二十世紀

TO ENGLISH


 じいさんの話をしましょう。1901年生まれのうちのじいさん。96歳で、とても元気。
数年前まではマラソンを趣味にしていて、ホノルルまで出かけて走ったりもしていた。
「走る二十世紀号」と呼んでいたのだけれど、同い年の昭和天皇とかマレーネ・ディートリッヒが亡くなって、がっかりしたのか、文字通り「歩く二十世紀」になってしまった。

 皇太子(昭和天皇)が来道したときは、ハーレーダビッドソンで先導したとか、小樽で最初にタクシー祖父会社を興して、あんまり儲かりすぎて調子に乗って潰しちゃったとか、酔った時の武勇伝には事欠かない。

 そんなじいさんが『文藝春秋』を熟読していたかと思ったら、突然銀行預金を全部おろすと言い出した。
このままでは危ないというのだ。なにしろ、戦中戦後の混乱、昭和恐慌、ロシア革命までリアルタイムで経験した人の言葉だから説得力がある。
とりあえず今日のところは銀行には行ってないようだけど、いつハンコと通帳を持って出かけるかわからない。

 10年後とか20年後、あの時どうしてなにもしなかったんだろう、とかなぜあんな事を信じていたんだろうとか思い返す時が来るなんて想像するだけでもぞっとします。
 うちのじいさんを説得できる、納得させられる人はいませんか。将来の夢と希望を語れる政治家はいませんか。96歳のじいさんが真剣に「老後」を心配しています。

 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.