97/11/18

息子が車にはねられた

TO ENGLISH


 息子が車にはねられた。昨夜6時半ごろ、国道を横断中の次男(中2)が車にはねられた。
結論から云うと大したことはなかったので安心して貰って良いのだけれど、最初はかなり驚いた。
息子は黒のウインドブレーカーに黒い傘という見事に目立たない格好で歩いていた。
交差点を右折してきたホンダ車の低いバンパーに足をすくわれボンネットの上に跳ね上げられて落ちた。
本人は何事が起きたのか良くわからなかったらしい。
後ろからいきなり誰かにドツかれたくらいにしか感じなかったらしい。
加害者(運転者)のほうの驚きは相当な物だったらしい。雨も降っていたし、目の前のガソリンスタンドの明かりに幻惑されたのか、横断歩道上に人影は全く見えていなかったと証言している。
ドンと音がしたとたんフロントガラスにパァッとひび割れが走ったそうだ。
慌てておりてきた運転手の顔色が死人のようだったと息子は言う。
無理もない。かけつけた救急隊員もへこんだボンネットとひび割れたフロントガラスを見てこりゃ酷いと思ったそうだ。
割と平気な顔をしている息子を病院へ搬送する間、身のこなしがすばやいとか、打ち所が良かったとか、君はついているとか色々言われたという。
交通事故に遭ってついているというのも変な話だが、これこそ「不幸中の幸い」というのでしょう。
ま、本当に運転には注意しましょうと言うことでしょうか。
 今朝になったら、さすがに体中が痛むのか一人では階段を降りられず、久しぶりにおんぶしてやったら、オ・モ・カ・ッ・タ

 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.