98/01/01

あけましておめでとうございます

TO ENGLISH


あけましておめでとうございます


店頭 ○去年の初頭、運動不足と過労(?)から膝を痛めてしまい、車の運転もままならなくなってしまいました。このピンチをチャンスに転化しようと挫折しかけていたパソコンに取り組み、ホームページを立ち上げました。
砂川地域大学のこれまでのあゆみをまとめ、自分の本屋としての日常も日記の形で発表しました。とは言っても僕一人で作り上げたわけではありません。
技術的な事は能力開発校の先生に聞きましたし「砂川の歴史」のページは「砂川郷土研究会」の皆さんの長年にわたる労作です。英語バージョンは近所の英語塾をやってる友人にお願いしています。

○ビジネスとして本屋をしていると言うよりは、世間と自分の折り合いをつけて生きていくために「本屋」という チャンネルを活用させてもらっているというのが本音のところです。
この地域社会に生きる人々に必要とされるオンリーワンの本屋でありたいと思っています。
そのへんが気に入られたのか読売新聞にも取り上げられ紹介されました。見ず知らずの人からメールを戴いたり(なんと外人からも来た!)その反響の大きさにびっくりしています。一番大切な情報はむしろ自らの足下にあるのですね。世界はモニター画面の向こう側にあるのではなくこちら側、地域社会にある事がよく分かりました。

○長男・長女がそれぞれの進路を決定し、今年は巣立っていきます。毎朝繰り返される、洗面台とトイレの順番争いや、肘をぶつけ合って食べる朝御飯の慌ただしさ。狭く感じられるちゃぶ台が懐かしいものに思われるでしょう。同じくらいの年頃にまだふらふらしていた自分のことを思い起こすとき、しっかりと育ってくれたものだという感慨を禁じ得ません。
“時代の不安感”とも言うべき寒風に立ち向かっていく二人にどうぞ暖かいエールを送ってやってください。

○ゆっくりと夜明けを迎えるような、そんな良い年の始 まりであることをお祈り申し上げます。

ホームページ http://village.infoweb.or.jp/~fwgf5508/ Eメールアドレス PXY07224@niftyserve.or.jp

 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.