98/02/10

天安門から岩田がお送りします…

TO ENGLISH



城門本屋の仲間と中国へ行って来ました。
西安と北京です。
旧正月のにぎわいを見せる下町や商店街を歩きまわって、地元の人たちの元気の素を吸い込んできました。
日干し煉瓦の家の屋根にはパラボラアンテナ、その彼方遠くに原発が煙を吐いているという風景です。
超オンボロの、ドアも満足に閉まらないような連結バスからはファッション誌から抜け出してきたような美女が降り立つその街頭では屋台の周りで油そばを立ち食いしていました。
旧正月で、休日を家族で楽しむ人たちで賑わう商店街。
中心部のロータリーの中では凧揚げ。
いろんな人が、たぶん勝手に様々なものを売っていて、その話し声や笑いに囲まれているとなんだか懐かしいようなほっとした気持ちになりました。
兵馬俑や万里の長城、紫禁城や天安門も、そりゃあ実物はすごかったけど、本当にすごかったのは生身の人間たちです。
万里 天安門事件のあと政治の話はしなくなったとか、一人っ子政策の矛盾とか、貧富の差とかいろいろありますが、中国の人たちはとにかく元気でした。
時代の気分が「閉塞感」に取り付かれてしまったような日本人の目には眩しいほどでした。
昨日までのことにはおさらばして、さあ一からやり直し。
いまが青春。
 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.