97/08/16

余命半年と宣告されたら…

TO ENGLISH


  お盆休みをどう過ごしましたか。いわた書店は、元旦と棚卸し以外、定休日はありません。こんな時こそ夏休み中の学生アルバイトにがんばってもらって、レギュラースタッフは、お互いにやりくりして少しずつお休みをもらいます。
 お墓参りなどして、しばらくぶりに親戚に会いに行って、お互いに年をとったなどと言い合い、叉、甥や姪たちの成長に驚いたりします。
 そんなこともあって、自分と家族の人生について思いを巡らす事の多い日々です。
 こんな時に絶好の一冊。『タイムシフティング』NHK出版、本体価格1800円。
 人生をリフレッシュする為の色々なノウハウが詰まっているのですが、その中でも秀逸なのが、「余命半年」をイメージしてみるという方法。体は完全に健康で、お金もたっぷりあり、もう一日として働く必要はない。ただし六ヶ月後に死ぬ。そういう期間を与えられたらどう過ごすだろうか、という問題。
 自分の人生を見つめ直して、優先順位を変えることが必要になります。
 数年前に元看護婦の江川晴さんに講演していただいたのですが、「告知」を巡って、講演終了後の飲み会が盛り上がりました。僕は、ぜひ告知して欲しい、と言うと江川さんは。「あなたのような人が一番危ない。告知に耐えられず自殺してしまった人もいる。」と言われました。
 人はいつどうして死ぬか判らないのだから、すでに告知されているようなもの。日頃から、その覚悟で生きなさい。という事なのです。
 『タイムシフティング』積極的な自分の人生を取り戻すために有益な一冊です。近所の親切な本屋さんでお求め下さい。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.