98/03/18

大型店が出店してきました…

TO ENGLISH


いわた書店は本の売場40坪の小さな本屋です。3月はじめに2キロほど南に行ったところに200坪の大型店が出店してきました。こわいですねー。

一昨年、100坪の店が出てきたときも苦労しましたが、この時は1年くらいで撤退していきました。今度の200坪は大手資本が親会社なので手強そうです。ま、どうなりますか。僕は僕の「本屋」をやるだけです。

今、書店同士で奪い合いになる商品はいわゆるベストセラーというやつですね。都市部の大書店のベストテンに登場してくるもので、たいていは新刊です。それ程売れる訳じゃないのに入手するのに苦労するのです。

僕は読者が必要としているのは、ちょっと違うんじゃないかという気がします。地域と、それぞれの書店の客層にあわせた品揃え。ロングセラーを見つけることが読者にとって必要とされる本屋になる為の王道でしょう。

ちなみに、いわた書店のロングセラーリストの上位に常に座り続ける主力商品を紹介しましょう。 相田みつをの日めくり「にんげんだもの」・「ひとりしずか」と「糖尿病治療のための食品交換表」です。
みんな心と体が疲れて病んでいるのかなあと思っちやいます。

ついでにこれからブレイクしそうなのは、─近くの同業者には内緒ですが─NHK連続テレビ小説「天うらら」の原案3点。門野晴子著「寝たきり婆あ猛語録」・「寝たきり婆あたちあがる!!」・「ワガババ介護日誌」です。

著者の「まえがき」によると、これは介護という暗く重い問題をあつかった本ですが、内容たるや「ゴーツク婆あの言いたい放題。著者の三日坊主のインチキ介護。娘の天性のオチャラケと女三代のジェネレーションギャップのバカ話…」というのだから読みたくなるでしょう。

お近くの親切な本屋さんでお求め下さい。
 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.