98/04/15

記者の目…地方ならではの魅力を実感


 終わっても席を立ち難い舞台や講演会がある。
そんな時は出演者や講師を招いた「打ち上げ」がそれ以上におもしろい。
取材者ではなく、主催する文化団体の会員として何度かそんな場に参加す る機会に恵まれた。

 先日、滝川で開かれた俳優マルセ太郎の一人語り芸公演。
打ち上げは白熱した舞台以上にマルセさんの独壇場だった。
芸の話から大蔵省不祥事について、若者論、映画の魅力、お勧めの本、人の幸せとは…。芸人らしく話はすべてうまく構成されていて「落ち」もある。 全く飽きさせない。

 一昨年、砂川で講演会を開いたニュースキャスターの筑紫哲也氏は、伝 えたいことがあふれて止まらないような講演とは反対に、打ち上げではも っぱら聞き役に回っていた。
忙しい仕事の合間を縫い、土、日曜日ぱでき るだけ地方へ足を運んでいるという。参加者の話にじっと耳を傾ける筑紫 さんに、ジャーナリストとしての姿勢を見た。

 仕事を離れて心が解放され、テレビや舞台とはまた別の一面を見せてくれる。
そんな打ち上げに気軽に参加できるのは地方都市に住む魅力の一つだ。
「地方にいるからこそできること、見つけられることがある」。そんな言葉を取材を通して何度も聞いた。
すてきな打ち上げの例に限らず、全くその通りだと思う。

(滝川支局山下幸紀)

4月15日の北海道新聞に上の素敵な記事を残して山下君が転勤していきました。苫小牧でもがんばってください。
 


砂川地域大学奮戦記へもどる
「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.