98/07/05

駅前商店会ソウルを行く’98


駅前商店会ソウルを行く’98

  6月21日

 

06:00 ◎忘れ物の確認(特にパスポート)と旅程表(タイムスケジュールと主な行き先と地図を一枚の紙にコンパクトにまとめた物)配布。その後 中央小公園より2台に分乗して出発

 07:30 千歳空港着

近畿日本ツーリスト(0123−45−7242)から航空券受け取る。

 09:30 大韓航空766便にて出発 (機内昼食)

 12:30 金浦空港到着。今回の激安ツアー『サンキューコリア44800円』は航空券とホテルだけの完全フリータイム。10人ものメンバーがバラバラになってしまうことは充分に考えられる。最後の最後帰国出発時の待ち合わせ場所である2階出発ロビーを皆で確認する。両替。1万ウォン札が山ほど来て、急に金持ちになったような気になる。

ここ以外にも空港内には両替所はあちこちにある。最初のカウンターはとても混むので他の場所で両替した方が楽である。

現地ガイドの金希英さんに迎えられる。免税店には行きたくないし、他にしたいことがあるので、自分たちだけでホテルへ行くと言うとがっかりしている。

他のツアー客と一緒にバスに乗せて南山公園などを案内して免税店へ長時間放り込まれる所だった。

空港の前にはタクシーが沢山止まっている。手前側は普通のタクシー。外側が黒塗りの模範(モンボ)タクシー。エンジンを止めた車内は暑いので、運転手は皆外でたむろしている。客引きを振り切って模範タクシーの先頭3台に話をつけ西ソウルホテルへ向かう

「ソ ソウルカンガァンホテルエ カ チュセヨ」初乗り3000ウォン。

模範タクシーの運転手さんは総じて親切である。あの山はゴミの山。夏は臭いとか、資材を横流しして儲ける奴がいて、手抜き工事が多いから橋やビルが壊れるとか不安になる様なことばかり言う。「わたし3年間国民学校通いました。その時の先生、熊本にいます。美空ひばり・小林旭・力道山みんな北朝鮮の人ね。 カッテークールゾトイーサマーシクー。」もー止まらない。両手ともハンドルから離して歌うのは止めてほしい。ホテルまで2万6000ウォン。

 14:00 西ソウル観光ホテル(ソウル市麻浦区合井洞381−17рO2−332−1122)

チェックイン

◎石蘭(рR93−4690)の予約18:00に10名。ホテルのフロントにお願いする。

30分位休憩。異様に広いバスルーム。太い柱。歴史を感じさせる造りだ。

 14:30  地下鉄の入口を探して歩き出す。ホテルの人は2.3分と言ったが30分歩いても見つからない。フロントのお姉ちゃんは紙に線を一本引いて「ここホテル。ここ地下鉄。間に信号一つ。」と言ったけど、交差点は五叉路になっている。ここで間違えたらしい。最初から、もろくも崩れる自信。気温は高いが、みんなの視線が冷たくなってきた。色んな人に聞いても、そこからバス(ボスと聞こえる)に乗った方がいいとか言うので諦めてタクシーを拾う。行き先もロッテデパートでは入口がたくさんあるので、隣のプレジデントホテルの前と決める。1台2台と送り出し3台目に乗り込む。

このタクシーの運転手が凄かった。隣の車との間隔はミリ単位。ミラーやバンパーはこすって当たり前。ボディの横はボコボコに凹んでいる。

最後に出発したのにトップで到着。料金は安い。2台目はすぐ来たが1号車がなかなかこない。10分ほど待たされて現れたが、まっすぐロッテ免税店へ連れて行かれたとのこと。油断できない。

ロッテホテルのきれいなチマチョゴリのお姉さんに聞いて地階に降りるとロッテ百貨店と繋がっていて大食料品街。キムチ「一番おいしいのはどれ?」とか聞いて、ぱっと買ってしまおうと考えていたのが甘かった事に気づかされる。「ウチのが一番」とあちこちのおばさんに手を引っ張られる。ソフトクリームと割り箸に差したパイナップルで頭を冷やしながらどうにかお土産を送る手配を済ませる。

17時30分の集合場所をソフトクリーム屋のエレベータの前のベンチと決めて自由行動。日曜の午後のデパートなんて想像しただけでぐったりする。

Ku君と明洞(ミョンドン)散策。若い女の子が皆同じ顔に見える。黒く縁取りした唇。細い眉。To君の話によると「みんな整形してるから気を付けろ」何を気を付けるのやら。渋谷か原宿の様なところへ迷い込む。立ち止まれないほどの人の群。隣の声が聞こえないほどの大音響の音楽と呼び込みの声。30度を越える日差しの中を眩暈を感じながらひたすら歩く。ビデオカメラなんか持ってくるんじゃなかった。重い。大通りに出ると地下通路の入口があった。地下街日除けをかねて降りていく。階段には物売り。竹細工・万能はさみ・蚊取り線香…。

頭蓋骨の変形した片足の人が暗いフォークソング(岡林ノブヤス風)を歌っている。地下街は暗いが涼しくて少しほっとする。小さなCDショップがあったので「チェーシンカヨテープ ハナ チュセヨ」最新朝鮮歌謡曲のカセット5000ウォン。タイトルこそワープロで売ってあるがパックもされていないTDKのカセットテープ。著作権上相当怪しい。

南大門地下街は庶民的な店が続いている。日曜日なので休みの店が多いのだが、その前で勝手に商売をしている人が居る。衣料品なんかはマネキンにディスプレイされていて本格的。ソックス10足7000ウォン。ただの路上販売とは違う。地上に出ると南大門市場の近くまで来ていた。臭いが違う。ここは明日の予定だし時間も迫ってきたので早々にロッテデパートへ戻る。

 17:30  ロッテホテルの前でホテルの配車係に交渉。3台のタクシーに分乗するのでレストラン石蘭(ソナン)へ行くように言って欲しい。運転手に大声で説明してくれる。うまく通じたかは少し不安だったけど旅程表のコピーにも書いてあるし大丈夫だろうと3台目に乗り込む。

石蘭は梨花女子大学の向かい。延世大学の隣。3号車の僕らが最初についてどこをどう回ったのか1号車が10分遅れ。

韓定食の夕べ。一人前33000ウォンのコース。みんな暑かったのかビールを飲む飲む。あっという間の20本。汗だくになって料理を次々と運んでくる仲居さんが好感をいだかせる。

予定ではこの後、新村(シンチョン)の学生街をぶらつくはずだったが、皆様お疲れの様子。タクシーでホテルへ。「それじゃあ明日8時出発ね。」と解散。

したはずが、収まりきらない連中が僕の部屋に集まってきた。それじゃあ行くかと腰を上げ外へ出る。夜風が気持ちよく今度はたやすく地下鉄の駅を発見。やはり五叉路を少し左に行くのだった。

紙幣しか無いので窓口で「シンチョン」と言って切符を買う。黄色いボール紙。3ミリ巾くらいの磁気テープの部分がある。「こんなのチャチだ。大体角が正確に90度にカットされてない。」とかKu君がケチをつける。自動改札機は横棒3本を押して通るニューヨークタイプ。「こんなのダメだよ。」とか文句を言っていたKu君が何故か引っかかり通れなくなった。2つ隣でも女の人が通れなくなって棒の下をくぐっていった。「飛び越えろー」と促して外へ連れ出す。文句を言うからこんな事になる。やはり信頼感は今ひとつのようだ。機械の不始末は人間がフォローしてやらなくてはいけない。

合井の駅から新村までは2つ目。450ウォン。安い。若い兵士がバーベル片手に鍛えながら歩いている。韓国兵は強そうだ。ちなみに僕はドラマ「北の国から」では、幼なじみの正吉のファンである。

表通りは日曜の夜だというのにすごい人混み。ちょっと裏通りに入ると怖そうなお兄さんが声を掛けてくる。「パラダイスいいよ」どんなパラダイスやら。

1時間くらい露店を冷やかしたりしながら散歩。コンビニで買い物をしてホテルに戻る。

 21:00 ところがホテルに残したグループは実は酒盛りをして一升瓶を空けてすっかりできあがっていた。ここから第一日目の大反省会。コンビニで買ったビールを飲み尽くし。

Ko君がお土産に買ったワインを2本平らげ。Ma君が露天で買ってきたスイカを食べようとYo君が空中で割りそこねてベッドと床を汚したときには午前1時になっていた。せっかくのお土産を飲まれてしまったKo君がせっせと後片づけする後ろ姿が痛々しい。じゃあ明日は9時ということでお休みなさい。

 

6月22日

 09:00 さあ行くよと声がかかる。8時から待っているから腹減ったよ、と言う声で起こされる。まだ朦朧としているKo君が洗面所で「アッ!」と叫ぶ。時代がかったタイルに落として眼鏡を壊してしまった。今回の旅行ではこのKo君が今ひとつ元気がないのが気にかかる。

ロビーに降りると、あと一組がこないという。電話を掛けるとサマータイムで10時が9時だとか訳の判らないことを言っている。無理矢理起こして地下鉄へ。

乞食が杖をつきながら車両の中央を進んでいく。手に持ったお椀の中にお金を入れる人もいる。大声で喋りながら歩くおばさんが居る。選挙運動か宗教の宣伝らしい。

見とれているウチに乗り換えを間違えて1駅戻る羽目に。すると今度は小学生の一団。全員通路に座り込んでいる。足の踏み場もない。センセー何とかしろー。

南大門乙支路入口(ウルチロイルガ)の駅から南大門市場の中に少し入ったところの定食屋に入る。表に日本語が書いてあったので少しは通じるかと思ったらこれが全然ダメ。昨日の繁華街ではスレンダーな人ばっかり見てたのでソウルの女の人は皆そうなのかと思っていたら違った。飲食業界は小太りな人が多く採用される傾向であるらしい。でももう少し愛嬌というか笑顔が欲しい。メニューを見ても良く判らないので適当に色んな物をオーダーする。

水代わりのビールを飲んで熱いスープにご飯や麺の入った丼をキムチと一緒にかき込む。金属の容器が一つずつつくので何かと思ってふたを開けるとおこわの様なご飯。オゴッパプという五穀飯だった。汗が噴き出し頭がすっきり(したような気が)する。このあと夕食まで自由行動。

 11:00  僕らはKo君が可哀想なので眼鏡屋を探すことにする。彼のメガネのヒビを指さし定食屋の若旦那に聞くと左の方に行けばあると身振りで示してくれた。カムサムニダ。

南大門市場の人混みに流されながら歩く。どうしても日本人に見えるのか「革ジャン一万円安いよ」と声がかかる。くそ暑いのに革ジャンはないだろー。

ビルの5階にある眼鏡屋で交渉する。50000ウォン。30分から1時間くらいで出来上がるとのこと。地元の人の紹介だから変な店じゃないだろうと僕も度入りのサングラスをオーダーする。

店の兄さんが日本のサッカーは強い。韓国は5−0でダメだ。野球はどうだ、韓国人が行くと強いだろう、と話しかけてくる。この兄さんにコチジャンのおいしい銘柄を教えてもらう。

市場の中をぐるぐる回ったが見つからないので新世界デパートの地下で買う。

 13:10  眼鏡を受け取りタクシーで竜山電子商店街(ヨンサンジョンジャサンガ)へ。

竜山気温はいよいよ上がり36度位か。強い日差しの中、小樽を思わせる坂道の上にそれはあった。電気店ばかりの巨大な集合ビル。ふもとにはパーツ屋さんや工具屋さんがひしめき合っている。まるでブレードランナーの世界。表示や値札がハングルなので頭が混乱し、あまりの暑さにも参ってしまい喫茶店へ緊急避難。

ここまで来たのはKu君(チェリーコーク)と僕(レモンコーク)の通称DOS/Vブラザースと可哀想MacのKo君(ブルーマウンテン)。

パソコンに興味のない連中はワゴン車を雇って市内見学。青瓦台・景福宮・ロッテワールドを回っている。集合に遅れたり、免許証入りの財布を忘れたりの珍道中を繰り広げていたらしい。

安いメモリーはないかと探し回ったKu君もとうとう諦め地下鉄でホテルに戻る。乗り換えを心配した駅員さんが地下鉄路線図をくれて印まで付けてくれた。

      教訓:ソウルの人は総じて親切である

地下鉄は安いし涼しいしもう最高。さっと顔を洗ってタクシーで江南(カンナム)へ。

この運転手さんも話し好きで、日本語で総督府のあとだとか色々説明してくれる。渋滞した道をハードに攻めながらしかも、時々かかってくる携帯電話に怒ったように話しながらだからスリルがある。もちろんシートベルトはしていない。罰金は6万ウォンだと(昨日の運転手から)聞いていたので心配になって助手席のKu君にベルトをしたらと言うと、「俺も男だ」とか言ってつまらぬ意地を張っている。英語は巧いかもしれないが外国との交渉事は任せられないと思った。

 17:50 三元ガーデン(サムウォンガードゥン)の集合時間は5時30分の予定。道が渋滞して20分遅れの到着。こりゃ一本取られたかなと思ったけれどワゴン車隊はまだついていない。まあこんな物だろうと3人で先に始める。

焼き肉やはり飲食業界、サザエボンのような顔のお姉さんが骨付きカルビを焼いてくれる。ニンニクやタマネギやニラみたいな野菜を辛い味噌と一緒に葉っぱに丸めて食べる。旨い。

HITEビールも旨い。

次はロースを頼もうと言うときにワゴン車隊到着。ごめんごめんとやって来るがなんだか雰囲気が悪い。集合時間を守らないとかで二人くらい袋叩きにあって居る。まあまあとなだめすかしてビールをつぐ。気持ちの余裕のなせる技か。何かゆったりとしたいい気分になってくる。石焼き釜飯に時間がかかってしまう。最後に出てきたそれをサザエボンがスプーンでかき混ぜる。底に着いていたお焦げの所を念入りにこそぎ落とす。ここがうまいのだと言う。スープと混ぜて皆に盛り分けてくれる。確かに美味い。このおコゲおじやは焼き肉のとどめに最高。

19:00  ワゴン車ででシェラトン・ウォーカーヒル地下1階ウォーカーヒル・カジノへ。「ここは変わらないなぁ」とIwさんが車内で余裕のコメント。

気押されそうになりながらカジノに入場。やはり初めての体験。どきどきする。スロットマシンとルーレットでアッという間に1万ウォンすってしまう。くやしぃー。BARの飲み物はサービスで全部タダと後で聞き、もう一回くやしぃーっ。

 20:30  ワゴン車でホテルへ。この運転手さんが凄い。とばすとばす。抜かれたら抜き返す。

平均時速90キロ、最高時速は110キロを越えている。天井の取っ手を掴む手のひらが汗ばむ。あの混んだ道で70歳過ぎのこのおじさんに僕らは「漢江(ハンガン)の狼」の称号を贈った。ホテルに着いた時のあの勝ち誇ったような自信に満ちた表情は忘れられない。桑原桑原。

 22:00  ソウル最後の夜を楽しくやろうと、フロントのキムさんを誘い夜の街へ出る。女性たちは垢擦りエステへ。男たちはカラオケバーへ行く。日本語のカラオケがある数少ない店の一つだとか。長渕剛がハングルの字幕で歌ってる。

キムさんの友人のキムさん2号が現れ一緒に飲む。思いっきり盛り上がり飲むほどに酔うほどにちょっと変な雰囲気になってきた。

特にYo君とキムさん2号が異様に仲が良くなってきた。日本のブルース・ウイリスとか言われて嬉しくなったYo君はキムさん2号を「ソウルの息子」とか呼んでいる。

 23:30 そろそろお開きと言うと、「アイゴー」とか言って抱き合いおでこにキスしたりしてもう一軒行こうなんて言い出した。こりゃヤバイとみんなで二人を引き離し無理矢理ホテ     ルへ連れ帰る始末。Yo君は親善大使としては秀逸な資質を備えている。どんな世界でも生き抜いて行けるだろう。ちょっとしたはずみで全く違った人生に踏み出すのかもしれない。

こうして二日目も午前2時まで僕の部屋で大反省会は続くのでありました。

 

6月23日

 09:00 乙支路1街(ウルチロイガ)へ地下鉄で。デパートでブランド物をもう少し見たいという女性たちを含むグループと、どこでも良いから涼しいところで休んでいたいというグループが別行動を提案。

それじゃあ午後3時金浦空港2階の大韓航空出発ロビーに集合と言うことで散会。

昨日ロッテワールドで財布を忘れて散々のMa君もこちらに合流する。

精進洞の通称ヘジャンクク通りと呼ばれる所の精進屋(チョンジンオク)で二日酔いに効くというヘジャンククという牛のモツと血の固まりを煮詰めたおじやに挑戦。Ma君は吉野屋かケンタッキーフライドチキンがいいと言って別行動。どうも我が儘は直ってない様だ。レバーの柔らかい様な奴をフーフー言って食べる。脳味噌が汗ばんでくる。ハィになってくる。食べ進むに従い元気が出てくる。大根キムチが旨い。4000ウォン。

我が儘Ma君も合流し(KFCは世界中同じ味だとか言ってる)仁寺洞(インサドン)へ。

途中ヤクルトおばさんからジョアを買い火照った舌をなだめる。今日も日差しが強い。

仁寺洞を歩く目的。Ko君は青磁のぐいのみ。Ku君はテーブルクロス。Ma君は絵はがき。小さな店をのぞいて回る。日本の骨董ブームの原点を見る思いがする。

 11:00 通りの片側を見終わって大通りへ出たところで喫茶店モーツァルトへ入る。目的は用便。

Ma君が行ったきり帰ってこない。どうしたものかと覗いてみる。集合飲食ビルによくあるタイプで一度店を出て階段を上った踊り場に共同のトイレがある。でもそこはカギがかかっていて使用禁止。もう一階上へ行ってみる。ドアを空けたとたん個室の一部屋から「紙がないんです。ティッシュありますかー。」とMa君の声。ドアの下の隙間から手を出して助けを求めている。 Ma君便所籠城事件

骨董街をゆっくりとした気分で歩いているうち、皆の所持金(ウォン)が底をついていることが判明。済州銀行で両替。クーラーが涼しくお水がおいしい。銀行に限らずちょっとした場所には冷水器が設置してあってとても助かる。

骨董街へ戻る途中で他のメンバーと遭遇。「昼飯食べた?」と聞くと、ロッテデパートの上に色んな有名店が集まっているとの事。でも僕らはせっかくだからもっと地元っぽい所へ行きたい。ここまで来てデパートの食堂は無いだろう。もう少ししたらタクシーで空港へ向かうとのこと。地下鉄はイヤだと言う我が儘Ma君はタクシーグループへ移籍。

 13:40  時間が押してきたので大型書店見学は諦め南浦麺屋(ナムポミョンオク)へ向かう。大きなビルの裏側の小路を入ったところ、駐車場を通り抜けておそるおそる入っていく。立派な表通りからは想像もできない世界が広がっていた。一昔前の映画のセットのようである。屋台団地のような通り。バケツの中から豚の頭がのぞいている。その中でもいくらかましな店構えで南浦麺屋はあった。下町の蕎麦屋の風情。のぞき込むとアロハのお兄さんが手招きする。この業界特有の体型のおばさんに壁の写真を指さして注文。「……」何か聞かれたが「?」という顔をすると、まあいいかと言う感じで去っていった。待つこと15分。「カラシとコチジャンは入れるか?」と持ってきたから両方入れてもらい、しまいに酢まで入れてソウル最後の食事冷麺を食べる。5000ウォン。

 14:20  ちょっと遅れるかなと思いながら地下鉄へ。忠正路で乗り換え、クーラーの冷気で気持ちよくなりつい居眠り。

 15:10  金浦空港到着。ここの改札口は日本風のパタンと開くタイプ。550ウォン。日本円で55円。地下鉄はとにかく安い。ずいぶん歩かされて(動く歩道があるから楽だけど)一昨日確認し合った待ち合わせ場所に着いたが、まだ誰も来ていない。バーカウンターでグレープジュースを飲む。ジンジャーティーに挑戦したKu君はあまりのジンジャーに泣きそうになっていた。Ko君は国際電話に挑戦して果たせず。

空港使用料9000ウォンを払い残りのウォンを日本円に両替する。何故か50円玉ばかりでくれた。

現地ガイドの金希英さんがホテルから荷物を運んでおいてくれて(ポーターへチップ5万ウォン)遅れているメンバーの心配をしてくれている。「皆さんだけで先に入っちゃいますかー。」「いゃあそーもいかんでしょう。」1グループ(とにかく休みたい班)は到着したが、例の1号車グループがなかなか着かない。2号車より先に出たという。

待つこと30分。遠くの方から歩いてくる。疲れ果てている。「タクシーの運転手が何か聞いたからJapanと言った。」するとJALの出発ロビーの前で降ろされたという。JALの出発ロビーは1号館。運転手は航空会社を聞いたのだ。大韓航空(コリャエーワ)と言えば2号館で降ろしてくれたのだ。1号館から2号館まで、いやがる運転手にチップを弾んで近距離を乗せてもらったとのこと。まずは間に合って良かった、終わりよければすべて良し。皆さんご苦労様でした。

 

  こんなドタバタが激安ツアーの真実です。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.