98/07/11

生活情報まとめて発信 新システムへ特別委員会


北海道新聞98年7月11日朝刊空知版  

生活情報まとめて発信

新システムへ特別委員会

 【砂川】市内の商品、イベント、行政などの各種情報を一括して提供するシステムをつくり、地域の活性化を図る「地域情報化特別委員会」(山下真史委員長)の初会合が十日、市商工会議所で開かれた=写真=。会議

 同委員会は、砂川商店会連合会と砂川商工会議所、市の代表者十六人で構成。三月までに同会議所がまとめた「商業基盤施設等再生事業の提案報告書」に基づいて話し合った。

 具体的には、市内の各種情報を提供する情報基地として「暮らし情報サービスセンター」を設け、市民がファクスなどを利用して、さまざまな行政情報のほか、商品や高齢者らへの給食宅配サービスなどの情報を受けたり、流したい情報を送ったりできるようにする。

 また地域情報を流すミニFM放送局をつくることも構想に入っている。今後、委員会は市民を対象にニーズ調査を行い、九月末までに具体案を道中小企業振興公社に提出。同公社の助成を得て、構想を実現化していく。サービス開始の時期などは未定。

 山下委員長は「小樽には宅配サービスのための情報システムがあるが、砂川では行政情報なども含んだ、より広範囲なシステムをつくりたい」と話している。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.