98/12/01

天気がよいので…


天気がよいので、家人とクリスマス・リース用の枝やらつるをとりに出掛けた。

寒くなってからじゃないとスズメバチにやられるおそれがある。それに今年はずいぶんと人家に近いところまで熊が出没していたから。

筑紫さんも気に入ってくれた岩瀬さんのアイスクリーム屋さんを過ぎて、秘密のポイントに行ってみた。甘かった。麓ではさらっとしか無かった雪が結構な量積もっていて、さすがに僕の四輪駆動車でも入山出来ない。

 諦めた帰り道。まっすぐな農道をとばしていたら、対抗してくるトラックが路面のグリップ力を失いかけて後輪を滑らした。運転手の焦った表情がはっきりと見て取れた。こちらとの距離約10メートル。正面からぶつかったら一番もろいのがワゴン車の運転席。左の畑の中に飛び込むか?ハンドルを握る腕が突っ張った。

 次の瞬間、少ない雪が幸いしてトラックは態勢を立て直し自分の車線に戻すことが出来た。助手席の家人は、全く気が付いていない。知らないと言うことは幸せなことで、ぶっかったとしても、彼女には何が起きたか解らなかったに違いない。

 事故なんて簡単に起きてしまう。どんなに注意していても、法律を遵守していても命を守ってくれる保証はどこにもない。誰がなんと言おうと、一日一日を幸せに生きてやる。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.