98/12/21

風邪薬にはご用心…


腰の曲がった後ろ姿に見覚えがあったので、声を掛けたらやっぱりMさんのおばぁちゃんだった。数年前、目が悪くなりかけたご主人が今のウチに読んでおきたいと言って司馬遼太郎全集を買ってもらった事がある。

 

風邪薬を飲んでボーッとした状態で配達に出掛けたのが悪かった。Mさんの家は上砂川の旧炭坑住宅街の上の方にある。例の段々畑のようなやつだ。配達を終えてバックしているときに後輪から道をはずしてしまった。

 

地面がゆっくりと回り始めたなと思ったら、崖の下に落ちていた。運転席側を下にして車は横倒しになっている。頭を打ったなと思って触ってみたけど血は出てなかった。まわりは雪に埋まって何も見えない。いや雪しか見えない。助手席のドアを開けようとしたが押し上げる事が出来ない。後部座席へもぐっていって横のスライドドアを試してみたらどうにか開けることが出来た。懸垂で上に上がり、崖をはい上がってMさんの家で電話を借りた。

 

「こんな日に配達頼んじゃったばっかりに、酷い目にあわせちゃってごめんね」と謝られてしまった。とんでもない、僕が悪いのである。クレーン車2台がかりの救出劇は旧炭住街の人々のかっこうの見せ物になってしまった。

 

久しぶりだね、おじいちゃん元気?と聞くと、あの世へ旅立ったと言う。ブウブウ文句ばっかり言ってたけど、居なくなったら張り合いなくってさーと言って帰っていった。近頃一日に一度くらいは心臓がギュッとなる瞬間がある。又、客に泣かされてしまった。幸せな本屋である。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.