99/2/13

ダイ・ハード         …


       

 焼き肉パーティでワインを飲りすぎた翌朝、息子の「雨漏りだ!」と言う声に

起こされた。今は冬、雨は漏らない。これは「スガ漏り」と言うんだと教えな

がら、心の中では「くそっ、このボロ家」と毒づいている。屋根の雪の一部が

氷の固まりとなり、その重みで部分的に隙間を生じさせる事による現象であ

る。対策は施してあるので、こんな事態に立ち至った根本的な原因は異常な大

雪にある。

 

店の荷物を開け、段取りを着けてから急ぎとって返して屋根の雪下ろしに取り

かかった。スコップを手に壁の梯子を登っていく。下を見ると怖いので前しか

見ない。できれば目をつぶりたいくらいだ。登り詰めて愕然とした。梯子は屋

根から80pくらい上の方まで伸びている。が、それは夏の話しで、今年の大

雪はなんと梯子と同じ高さまで積もっているのだ。

 

「ここでおめおめと引き下がる訳にはいかない……」と、心の中で亀有の両津

勘吉がつぶやいた。片手でスコップを振り回し、とにかく屋根の上に上がる足

がかりを掘る。この作業に手こずって屋根に上がったときは息も上がってい

た。天気が良く空気が澄み渡って景色が素晴らしい。遠くの方を見ると爽快な

気分になる。が、近くに目を落とすと……ビビる。

 

片屋根の低いところに幅30p厚さ10pの氷の帯が出来ていた。これを除去

しなくてはならない。屋根は滑りやすく、氷と一緒に滑り落ちる可能性があ

る。ガニマタ中腰になって少しずつ氷を壊していった。他人から見たらへっぽ

こ忍者かななどと思いながらの激闘2時間。汗まみれ雪まみれの、もうどうに

でもしてくれーっ状態で、屋根から梯子にしがみついたときは超コワかった。

普段は絶対に「超」なんて言葉使わないのだけれど、この時ボクは自分のこと

をダイ・ハードのブルース・ウイリスだと思いこもうと必死だったのだ。

 

スガ漏りが止まったのを確認して、シャワーを浴びた。今日はよく働いたか

ら、もう後はお休みにして、そうだビールでも飲もうかなと考えていたら甘

かった。靴屋のM君が来て、さあ行くよと言う。石狩川の河川敷に雪像をこし

らえて「砂川市民冬のフェスティバル」。立松さんが最初に砂川に来たときに立松

も見てもらった。市民の手作りで、札幌雪祭りよりステキだと言われたことが

ある。12時からのポイントカード大抽選会の役員にあたっているから誘いに

来たという。忘れてくれればいいのに、ちゃんと覚えていた。

 

好天のためか人手も多い。ガランガラン大当たりーっ!とやって、寒い中を並

んでくれた人たちに賞品を手渡す。お客さまが喜んでくれるのが商人としては

一番嬉しい。どうやったらお客さまが喜んでくれるかを一所懸命考えて、儲け

は後から付いてくるというのが望ましい姿である。先着200人をどうにか終

了して店に帰った。

 

店のレジに父が赤ら顔で立っている。血圧が上がってるみたいで、フラフラし

て気持ちが悪いという。大事をとって帰宅させた。大正13年(1925)年

生まれ、無理はさせられない。あわよくば帰ってビールでもというささやかな

下心は見事にうち砕かれた。バカ売れしている「五体不満足」の注文を受けな

がら、体中の筋肉が痛かった。

        

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.