99/03/25

もう一つの卒業式




北海道新聞99年3月25日夕刊「まど」

 北海道新聞99年3月25日夕刊「まど」

 三月中旬、砂川市立病院の研修室に砂川中学校の校歌が響いた。時折、涙声も 交じる。同じ日、学校で卒業式を終えたぱかりの生徒、教師、父母と医師、看護婦合わせて約七十人の前に、三年生の菅原竜太朗君(一五)と父竜美さん、母昭子さんが座っている。菅原君の卒業式が始まった。

菅原君は昨年四月下旬、砂川市内の公園で、強風にあおられ飛ぱされた浮桟橋 用のプイに直撃された。不慮の事故以来、約十一力月間、意識は戻っていない。 式は、学校で開かれた式とほぼ同じ順序で進められた。塚本富夫校長が卒業証書を読み上げた。「菅原竜太朗君。中学校の課程を終了したことを証する」。そして管原君に近づき、証書を静かにひざの上に置いた。「これでようやく卒業ね」。昭子さんの目に涙がにじんだ。

塚本校長は「菅原君は意識不明でも自分の卒業をみんなが祝ってくれているこ とはわかっている」と確信した。両親は「こんなりっぱな卒業式をしてもらうとは思ってもいませんでした。本当にみなさんに感謝しています」と声をそろえた。

卒業アルバムの最後のぺージは「早く良くなれよ」「元気になってね」。回復を祈る友の言葉で埋まっていた。

[1999-03-25]


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.