99/5/13

情報ハイウエー


 埼玉の親戚からタケノコが送られてきました。北海道はまだまだだけど、さすが本州。立派なタケノコです。

 例のF先生のお宅へ、息子の進学祝いのお返しと一緒に届けに行った。

相変わらずノホホンと暮らしておられて市議選、最下位のショックなど微塵も感じさせない様子に安心しました。  

 白樺の丸太をたくさんもらったから、欲しければあげるよと言うので家の横手へ廻ってみて驚いた。1.5b位の丸太がトラック一台分ぐらい積んであるのだ。むらむらと工作(創作)意欲が湧いてきます。段取りをつけてから後日伺いますと言って辞去しました。

 この宝の山がボクの前に出現するにいたった事情は以下の通り。

家の前の白樺が大きくなりすぎて困っていたおばあさん→チェーソーを持っていって切ったあげたおじさん→小型トラックで運んできて薪ストーブにでもくべるかと考えたF先生→木工の材料には最高だぜと考えたボク。

 この間、金銭のやり取りは全く無い。(勿論お礼として漬け物を持たせたり、たばこを差し上げたりはする…礼儀は知っているのだ)だからGNPにもGDPにも勘定されることはない。けれども僕たちは貧しいのだろうか?

それぞれ業者に頼んでしまえば簡単に“処理”されてしまう。それを僕たちは人的ネットワークで“活用”したのだ。橋本治が言うように「貧乏は正しい」

全く正しい!!  

 つまり満足の臨界点にまで到達してしまったかに見える現在の日本の資本主義社会で“人間らしさの復権”は「ご近所づきあいネットワーク」という情報ハイウエイが力を発揮するのではないかと考えているのですよ。

 どーですか?


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.