99/5/14

統一地方選挙が終わって


 統一地方選挙が終わってヒマな日々が続きます。何しろ客数が少ない。こういうときはとても疲れます。肉体的にも精神的にもヘトヘトになってしまいます。 

 店がヒマだと、ついつい考え事をしてしまいます。大抵こういうときはろくな事を考えない物です。どっか遊びに行きたいなーとか、そんな事です。陽当たりのいい校庭を教室の窓から眺めているような気分とでも言えば判ってもらえるでしょうか。 

 鉄棒、草むら、セミの声………井上陽水の「夏休み」の気分かな。 

 こんな時、どうして商売がうまくいかないのだろうなどと嘆き始めたら、これはイケません。競争相手が増えた、子供の数が減った、みんな本を読まなくなった……等々と心理的なデフレ・スパイラルに落ち込んでしまいます。

 他人より一冊でも多く本を売ることに拘っていると自分を見失う羽目になります。ある日突然、自分は本を売るためだけに生まれてきたのかと愕然とします。 

 こんな時は気持ちを切り替えて、まずどうしたら幸せに生きていけるかと考えてみます。どんな仕事をしていけば、自分とみんなが幸せでいられるか?なんとかして生きていて良かったと思えるような仕事をしていきたいと思うのです。

 そう考えてくると、他者(お客様)の目で自分の店を見直すことが出来ます。さて今度は、どんな仕掛けをしてやろうか。ほかの本屋が気がつかない切り口で本屋を楽しんでみようかと、いつも考えています。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.