99/5/17

浪漫屋


浪漫屋さんを紹介しましょう。本当はあまり教えたくはないのだけれど、このページを見るような人なら教えてもいいでしょう。

浪漫屋 古布と民芸品のお店です。店の中も、もちろんだけど外回りに並べてあるガラクタとか得体 の知れない物が面白い。軽石の鉢とか壺、何かの部品だったと思われる木製のオブ ジェ。それらを違う用途に転用して生活に潤いを持たせるというコンセプトの店です。
北側の正面入り口から入っていくと、招き猫やらなにやらが迎えてくれるでしょう。一 階の奥の方は古い布や衣類、手芸材料など。ボクが気に入っているのは二階。古い家具 や大きなテーブルがあって、ほっとします。最近は商品が多くなりすぎてしまったけ ど、懐かしい物がいっぱいあって、ほっとするひとときを過ごせます。北海道弁で言えば「たいしたあずましいんでないかい」てか。店主の伊藤さんも愉快な方で、古い和服の生地を現代風にリサイクルするノウハウなどを教えてくれます。良い物を大切に生かして使おうよ、というスタンスが気に入っていて、ちょくちょく通っています。

場所は札幌市手稲区富丘2条4丁目18−8
TEL/FAX011−681−6088


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.