99/5/18

子供にピーナッツを与えるな


市民、住民という言葉と「消費者」という言葉がほとんど同じ意味で使われて いるように思われます。 消費することがヒトであることの証であるかのようです。直立猿人ではなく消 費猿人です。 強迫観念のように消費を義務づけられているかのようです。 この地獄から脱出するためには、消費しないこと。使える物は使い続け、余っ た物は分け与え、セコハンを恥ずかしがらず、消費税を納めないこと。これを 考えて生きていけば良いのでしょう。

かつて、お金を使うことは大人になる第一歩でした。今は「消費者」でさえあ れば、有り難うございました、と言われて大人扱いされます。子供であっても 消費者でさえあればもう大人と見なされるのです。「浪費」という言葉は、も はや死語になりつつあります。

僕らの世代が、消費しないことのカッコ良さをアピールしなくてはいけませ ん。 20年位前の国際児童年の毎日新聞社の企画広告で「子供にピーナッツを与えるな」と いうのがあって記憶に残っています。

 テストの成績が上がったら、あれを買ってやろう、と言ったことがないだろうか。学 ぶという本来の目的を、物にすり替えてしまったことがないだろうか。これは一種のワ イロであり、正当な報酬とは言い難い。何でも物で解決しようとすると、物を大切にし ない子供が増えてしまう。それが、浪費につながってゆく。

   鉛筆は何センチまで使えるのか。同じノートでも、なぜキャラクター入りのものは高 いのか。まず、物と金の必要性を考えさせよう。そして、有効な使い方を身につけさせ よう。

   北海道のある小学六年生は、作文にこう書いている。「こづかい帳についているお金 は、みんな僕が一生けん命働いてためたものだ。冬の日の除雪、石炭運び、畑おこし、 家のまわりの除草、四歳になる妹のおもりなど、こづかい帳には僕のいろいろな思い出 がいっぱいつまっている」。浪費を考えるとき、彼のようにお金を得る苦労を体験する ことは、解決へのひとつのキッカケにならないだろうか。

今は、こんな子供はもういない、と言われるかもしれない。であればこそ、僕らの世代 が生活の有様で見せつけなくてはと思っています。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.