99/5/23

市民探鳥会


市民探鳥会に行って来ました。野鳥の会、会員は7時半集合と言うことで北海道子供の国レストハウス前に集まり、打ち合わせ。 岩見沢から郷土科学館のWさんと教育大学の学生Mさんが指導とサポートで参加。貸し出し用の野鳥図鑑と双眼鏡を持ってきてくれた。

自然公園の中を2時間ほど散策しながら、野鳥の解説を聞き質問する。雄はカラフルで雌の気を引こうとしているが、雌は巣を守り、子育てに専念するためか総じて地味であること。アオジとキビタキがよく似ている事。麓のスズメとは山のスズメま種類が違うことなど。

ほんの2メートル位の距離にキビタキが美しい姿で木の枝に止まっているのは、やはり感動します。オオルリは高い木のてっぺんに陣取り。キツツキの造った巣を横取りしたと思われるゴジュウカラが僕らを見下ろしていました。

キビタキ 11時で切り上げジンギスカンパーティ。これだけ楽しんで600円の参加費用では、申し訳ない気がします。これは全て会長のIさんやメンバーのみなさんのおかげです。おなかが一杯になった後はオークション。メンバー手作りのバードテーブルや餌台、巣箱などを格安で販売しました。

次回はマイクロバスを仕立てて支笏湖まで足を延ばします。日にも焼け、久しぶりの山歩きにくたびれたけれど、楽しい一日を過ごしました。ゴルフの誘いもあったけど、こちらに参加してよかったと妻と話しています。 絵はキビタキ


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.