99/5/25

母なる夜


カート・ヴォガネット・ジュニアの「母なる夜」というのを毎晩一章ずつ読みながら寝 ています。

母なる夜 彼は第二次大戦中、対米宣伝に関わっていた。そしてアメリカのために働く二重スパイ でもあった。戦後、戦犯には問われないものの、ラジオで有名だったためにニューヨー クでの隠遁生活を余儀なくされる。経済的には不足はないけれども……彼によぎる様々 なことども。

絶望の中で人間がどう生きるのか、地味でスゴイ本です。その中で彼は二つの教訓を書 いています。

一つは、死んでしまえば本当におしまいということ。 もう一つは、愛する人と出来るだけ一緒にいてあげなさいということ。それは本当に好 ましいことだから、と書いています。

希塩酸というのは塩酸を薄めた物ですよね。希望というのは望みを薄めた物ですか?

このフレーズは誰かからの盗作です。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.