99/5/25

地球憲法第九条


『対訳 地球憲法第九条』という本を紹介します。
「第九条の会」を設立したチャールズM.オーバビー博士の著書です。
世界の民族・宗教の対立は、軍事力や兵士として訓練された人たちによっては解決されません。
非暴力的紛争解決の訓練を受け、その技術を持つ人たちによって対話への道を開くことが、紛争の解決、戦争の予防、平和の回復のための私たちの新しいモデルとならなければなりません。

第九条  2度の世界大戦の惨禍の経験に学び、戦火とホロコーストの中からフェニックスのように立ち現れた、世界のもっとも偉大にしてあまり知られていない宝物の一つが「日本国憲法第九条」です。
 しかし「第九条」はもはや日本だけの物ではありません。それは、不条理にして残忍な近代ハイテク戦争の終焉を切望する人類全てのものです。その英訳は、世界平和のための名誉ある雄弁な73語です。
各国の憲法にこの「第九条」の理念を取り入れていくことを促す運動を博士は続けています。

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order,the Japanese peaple foreverrenounce war as a sovereign right of the nasion and the threat or use of force as means of settling international disputes.
In order to accomplish the aim of the preceding paragraph,land,sea,and air forces, as well as other war potential,will never be maintained.
The ringt of bellingerency of the state will not be recognized.


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.