99/6/12

暮らし情報センター


北海道新聞1999年6月12日(土曜日)朝刊 空知版より

砂川の「暮らし情報センター」 実現ヘ 本格始動
地域活性化委が初会合
【砂川】市内の商品、イ ベント、行政情報などを市 民に提供する「暮らし情報 センター(仮称)」づくり を目指す「地域中小商業活 性化委員合(委員長・信 太勝見砂川商店会連合会会 長)の一回目の会合が十日、 砂川商工会議所で開かれ、 委員長、部会長などを決め た。これにより、同センタ −構築に向けた調査が本格 化する。
同センター構想は、市民 がパソコンやファクスを通 じて身近な生活情報を受発 信でき、宅配などのサーピ スを受けられるようにする もの。
同委員会は@買い物代行などをする宅配サービス部 会A生活情報を流すFMサ ーピス部会B行政情報を提 供するパプリックサーピス 部会−からなり、今後、各 部会が宅配モニターの実施、FM放送局のイベント での実験放送、行政情報の 蓄積などを行う。調査結果 は来年三月ごろにはまとめ られる予定。
同センターについては、 砂川商店会連合会、砂川商 工会議所、市の代表者らで つくる「地域 情報化特別委 員会」が三 月に基木的な 考え方をまと めた報告書を 作成。
四月には道 中小企業振興 公社から「地 域商業の活性 化事業」とし て約三百万円 の助成を受け た。委員会の 調査はこの助 成金を利用す る。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.