99/6/13

貧乏で文句あっか!


貧乏で文句あっか! 『現代農業』の小松光一さんの連載は毎月パワーにあふれています。読むと元気が出るので欠かすことはできません。今回の七月号を紹介します。

農協青年部が古着を集めてタイのノンドウー村に持ち込み、村人相手にフリーマーケットを開いたというのです。一着10バーツ(約30円)とか20バーツ(約60円)とか、めんどうくさいときは5バーツ(約15円)で売ってしまう。小さい子供が5バーツのコインを握りしめてやってきたら、もうただであげちゃうのです。
それでもダンボール箱八個ともなれば、結構な金額になります。それを自分たちが持ってきた寄付金とあわせてデックハックティン(ふるさとを愛するこどもクラブ)に寄付しちまおうというわけです。
相手の自尊心にも気を配った素敵な方法です。このなかで小松さんはニミット・プミサウォンの小説『タイ農民の四季』のなかの文章を紹介しています。

「これがいなかの食事である。彼らは貧しいなりに色々と工夫して食べる。タイ国のすべての農家に隠されている、一つの生活である。彼らは身に余る欲望は持っていない。食べる米があり、二着ほどの服を持ち、身にかける一枚の毛布があればいい。贅沢ではない、家族や近所の人たちの間に愛情と団結があれば充分に満足する。"幸せ"という言葉は、そんなにじたばたと焦って捜し求めなければならないものなのだろうか?」

小松光一センセは上砂川出身で、わが砂川地域大学の準レギュラー講師です。いつもアジアのどこかで美味いものを食べているのです。 この小説が載っている本『農村開発顛末記』は現在「重版予定・注文不可」ということで残念ながら入手できなくなっています。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.