99/09/09

重体少年に1億7800万円




重体少年に1億7800万円

 NHKニュース速報 1999-09-09-11:18

NHKニュース速報  去年四月、北海道砂川市の公園で桟橋に使うプラスチック製の台が崩れ 中学生二人が重体となった事故で、桟橋の設置や管理をしていた石狩川開 発建設部と砂川市は、このうちの一人に合わせておよそ一億七千八百万円 の損害賠償を支払うことになりました。
 この事故は去年の四月二十九日、砂川市の「砂川オアシスパーク」の駐 車場に積んであった池の桟橋に使う重さおよそ四百キロのプラスチック製 の台が風にあおられて崩れ、近くで遊んでいた砂川市内の男子中学生二人 が下敷きになったもので、二人は現在も意識不明の重体が続いています。
 桟橋を設置していた石狩川開発建設部と管理を委託されていた砂川市は 二人の少年の家族らと示談交渉を進めていましたが、それぞれ安全対策を 怠っていたことを認めたうえで、二人のうち一人と両親に治療費や慰謝料 などとして合わせて、およそ一億七千八百万円の損害賠償を支払うことを 決めました。
 石狩川開発建設部と砂川市はもう一人の少年の側とも示談の話し合いを 進めています。
[1999-09-09-11:18]


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.