99/12/15

実験


市民自らが、わずかな会費で運営する「便利屋さん」会社を作ろうと考えてい ます。
買い物代行や宅配はもとより、こまごまとした相談事や片手間仕事をやってく れる会社です。
市民は、この会社の株主であり、お客様であり、時には商品や知恵を提供する 会社の担い手にもなります。

これは市民自らが作る「介護されない」為の仕組みであり、自立自助の福祉で す。
こんな夢のような会社を作るための実験が12月6日からスタートした「まご ころ宅配実験事業」という訳です。
本格的にはじめる前に、実際に人と車を動かしてみて、コストとリスクを計測 してみようという実験です。

予算は北海道中小企業振興公社から付けてもらいました。
将来人口の過半数を 占めることになる、いわゆる'高齢者'が自らの手で安全で安心できる地域を 作るための、一つの提案であると見とめられて付いた予算です。

この宅配実験は1月中旬で終わりますが、2月になったら、こんどは「ゴミゼロ実験」をスタートさせます。早稲田商店会に教わったものですが、空き缶・ペットボトルの回収機による実験です。
石狩川河川敷で開かれる「砂川市民冬のフェスティバル」の会場で大雪像を背景に「環境」をテーマにした雪祭りを展開します。

砂川地域大学10年の歩みを元に、今世紀最後の年は「行動する」一年になりそうです。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.