99/12/01

宅配サービス


心通う宅配サービスへ、 砂川でモニター調査


6日から活性化委 仕組みを再点検
【砂川】商品、イベント、行政など生活情報を市民に提供する「暮らし情報セ ンター(仮称)」構築に取り組む「地域中小商業活性化委員会」(委員長・信太 勝見砂川商店会連合会会長)の宅配サービス部会が、六日から約1ヶ月半、モ ニター調査を実施する。

 宅配サービスは、電話で注文を受けた商品を、商店から注文先の家まで配達 する仕組み。
モニター期間中は、本格的なサービス実施に向けて、道中小企業 振興公社から補助を受けて採算性やシステムのあり方を調査する。
 調査には市内の酒店、書店、薬局など約四十店と、市民モニター約三十人が 参加する。
モニターは、あらかじめ送付された参加店の商品のチラシを見なが ら、商店に電話で注文。
主に、市内のシルバー人材センターから派遣される配 達員(二人)が、品物を届けると同時に、新たな注文も聞く。
 調査期間は来年一月ニ十一日まで。同二月下旬までに調査結果の報告をまと める。
 岩田徹・宅配サービス部会長は「細かなニーズにも対応して、お客さんとの 心のふれあいがある、やさしい商店街づくりを進めるきっかけにしていきた い」と話している。

北海道新聞1999年12月1日空知版朝刊より

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.