2000/2/5

砂川で倒産相次ぐ


砂川で倒産相次ぐ


【砂川】西1北1の有限会社藤田ゲンサン堂(藤田義夫代表)は、3日付けで「店舗閉鎖」の張り紙を貼り事後処理を弁護士に一任した。
 同社は、大正3年創業の砂川きっての老舗。昭和26年5月、出資金300万円で法人化。
主に玩具、化粧品の販売でピーク時には年商7000万円を計上。
しかし、ここ10年ほどは量販店の競合で売上も低迷。年間2000万円ほどに減収している。旭川商工リサーチによると、負債総額は約4000万円に達する見込み。
 また、東2南6の高田板金工業も、先月末に倒産した。負債総額は約2000万円。関係者の話によると、他社の倒産のあおりを受けての倒産と見られている。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.