2000/01/14

来月11日から砂川冬のフェス




ゲーム式ごみ回収機設置

 楽しんでエコロジー挑戦をー

来月11日から砂川冬のフェス

楽しんでエコロジー挑戦をー

ゲーム式ごみ回収機設置

地元農産物など当たる

【砂川】砂川商店会連合会(信太勝見会長)は二月十一日から十三日まで、「砂川冬のフェスティバル」(実行委主催)の会場となる砂川オアシスパークに、ゲーム式の空き缶などの回収機を設置。
ゲームで当たると、商店会で提供する商品や、道の補助で購入した地元農産物が当たる「エコステーション事業」を実施する。
同連合会は「市が取り組むごみ分別を進め、商店会も活性化できる。
地元農産物のPRにも役立つ」と"一石三鳥"の効果を狙っている。

 設置される機械は、空き缶とペットボトルの回収機各一台。
いずれも、四年前から同様の事業を行っている東京・早稲田商店会から借りる。
空き缶やペットボトルを入れるとサッカーのPK戦の画面が出て、うまくゴールに入ると、コメ、玉ねぎ、商店会のポイントカードの割り増し券などが当たる仕組み。当たるのは参加者の腕に関係なく、五分の一から六分の一の確立という。
 農産物の購入費約十五万円については「二十一世紀のふるさとづくり支援事業費補助金」として道の補助を受けた。
 同連合会では「楽しみながらエコロジーにかかわり、経済効果も期待できる」と、協賛商店の募集などの準備に力を入れている。

 北海道新聞2000年1月14日(金曜日)朝刊 空知版より

[2000-01-14]


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved.