JR北海道の贈り物

2000/02/02


札幌まで仕入れに行く時は列車を使うことが多いのです。
特に冬はアイスバーンの怖さを身にしみている僕としては、列車ばっかりです。
毎月発行されるJR北海道の広報誌が楽しみです。
椅子の背に挟み込んであって、「ご自由にお持ち帰りください」と書いてあるのです。
特に小檜山博さんのエッセーが大好きで、いつも一番最初に探して読みます。
今月の2月号は必読です!!著作権の関係で、紹介することは出来ませんが、今日、僕は読み終わった後で危なく涙が出そうになりましたよ。
おなじ時代に生きて、おなじ季節の風を感じたことの幸せを切なくなるほどに抱きしめたくなりました。
こんなエッセーを読むことが出来て僕たちは幸せです。
JR北海道からの贈り物です。

この間、ETV特集で韓国の映画監督が云っていましたよ。 『一人一人が自分のろうそくのともし火を消さぬよう大切に守りつづけて小さな 穴を開け続けていく作業をしている』ってね。

砂川ファンクラブグループに入りませんか?
メールアドレスを入れてボタンをクリック!
sunagawa-fanグループのページ
無料メーリングリスト  www.egroups.co.jp
始めての方は自己紹介からお願いします。
【注意!】
ここに書きこんだメールは、メンバー全員へ配信されます。公開可能な範囲の個人情報にとどめてください。  
「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved.