進路決定                2000/2/5

 

高校一年生の次男が進路で悩んでいる。もうすぐ選択科目を決定しなくてはならないと言う。とりあえず文科系なのか理科系なのかだけでも決めなくてはならないのだ。化学は得意だけど数学はどうも苦手。作文は好きだから文科系なのかなー?文系・理系というのも乱暴な分類だけれど、まずはその選択を迫られている。やってみて、合わないと思ったら変更すればいいとは云っても当人にとっては重要な決断である。

 

僕自身の高校時代を省みてもそうだ。大人(オーバーサーティー)は前途洋洋とか、可能性に満ち溢れているとか言っていたけど、じっとしてたらベトナム戦争に引きずり込まれそうでおちおち勉強なんかしていられる心境ですらなかった。いま本屋をやっているという事だって、「本屋」という仕掛けを使って世界と渡り合っているという矜持のようなものが支えになっていることは確かなことだ。

 

友人で高校3年間、ずーっと文系でやってきたのに受験に失敗してから一念発起。数学をやりなおして医者になったヤツがいる。先輩で、ちゃんと大学を卒業してから、畑違いの大学に入りなおした人も知っている。回り道なんて恐れることは無い。それよりも自分の生きる道を見つけあぐねたまま、何事にも挑戦できず、人生そのものを棒に振るほうがずっと恐ろしい。

 

高橋知己

同級生でジャズプレーヤーになった人間が二人もいる。寺下誠と菊地昭紀だ。その1年先輩に高橋知己さん。そのまた1年先輩に元岡一英さんがいて、JAZZの世界で活躍している。僕の母校はJAZZ界でもスゴイのである。スイングジャーナル別冊の「新・世界ジャズ人名辞典」に4人とも名前が載っていて、こりゃあ大した物だと改めて驚いた。

 

元岡・高橋両先輩が今月、道内をコンサートツアーで訪れる。僕も美唄で久しぶりに生ジャズに浸ってくるつもりである。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved.