玩具の神様

                                   2000/2/7

1日に1時間だけは集中して本を読もうと決心した。CDも聴かず、テレビも消して時間を区切って読んでみた。本屋さんは本に囲まれていつでも読めていいですね、などと言われることがある。とんでもない話で、好きなはずの本に係わる仕事をしていながら、読めない日々が続いてフラストレーションが溜まる事が多いのである。

 

本屋の仕事に慣れてくると本の良し悪しではなく、どれだけ売れるか?とかに気が行ってしまう。出版社が宣伝に力を入れていて、話題になっている新刊本をいかに多く仕入れるかという事にばかり力を注ぐことになってしまう。並べておくだけで売れる本だから日本中の書店が欲しがっているわけで、大手チェーン書店の仕入れ担当者と北海道の片田舎の一書店では勝負はすでに見えている。

 

まして最近の出版不況(書店や出版社がバタバタ倒産している)の中では、並べておくだけで売れる本なんて幻想に過ぎないのではと思わされてしまう。今ベストセラーでも、来月になったら記憶の片隅にもないなんて事が当たり前のようになっている。出版社も書店も、そして本当に読みたい本と出会えない読者も疲れ果てている。

 

倉本聡の『玩具の神様』は舞台がテレビ界であるだけで、「ドラマ」を「本」に読みかえれば同じ事が起きているという事に気づかされてしまう。視聴率(売上)が全てに優先する世界ではある。けれども現場では良いものを作りたい、その一心で大勢のスタッフは働きづめに働いている。この本を読みながら僕は「本」をめぐる世界のことを考えずにはいられなかった。

 

チェーン書店のアルバイトでもできるような書店とは明らかに違う『本屋』をやりたい。どうだ面白そうだろうと挑発し続けているような楽しい店にしたいのである。情況は確かに厳しいけれど、本屋だって変わらなければならないと思う。世界が変わり、地域が変わり、人間が変わってしまった。ちいさな店だって変わらないといけないはずだ。いわた書店にしか出来ない事がきっとあるはずだ。それを信じて今日もいい本を探している。

僕が売りたくなるような良い本を。

玩具の神様』 倉本 聡著 理論社 税抜き1500円

NHKテレビ2月19日(土)より毎週土曜日夜9時から3回放送予定

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる