「バイアグラな人々」 家田荘子著 徳間書店刊 本体価格1500円

2000/2/8

家田さんの本を読むときはいつもドキドキする。無意識に避けて通りたいと思っていた題材に敢えて踏み込むからだ。しかもあの可愛らしい顔でである。今回も手に取ったのが運の尽き。一気に読了してしまった。

読み終わっていよいよ判らなくなったのが、SEXは精神なのか肉体なのか?また、バイアグラはそのどちらに効果があるのかと言うこと。たかが下半身への血流量を増やす薬である。薬で何とかするなんて情けない話だと一笑してしまえばそれでチョンだと思っていた。

 

それが、ただそれだけで「粗大ゴミ」扱いされていた亭主に惚れ直して、愛が深まったという妻がいる。お互いの関係が深まり、より大切な存在になったという夫がいる。また、こんなインタビューにあっけらかんと答える夫婦がいるという事にも驚かされるが、どんどん踏み込んでいく家田さんの力量を評価しないわけにはいかない。その家田さんも「薬」に頼ることの不安をにじませながら大勢のカップルにインタビューしていく。

 

たかが「薬」で人生が薔薇色に変わったと言う人々。いいSEXをしただけで、どうしてそれほどまでに変われるのだろう。他にも方法はあるだろうに、人間関係はそんなにも簡単なものだったのだろうかという疑問は拭い去れない。しかも効果が劇的なだけに、ついついそれに頼ってしまうのではないか。人間関係を改善させる簡単な「道具」なんて本当に使い続けて、その果てに本物の幸福が待っているのだろうかという不安は家田さんと同じく僕も考えざるをえなかった。

 

“依存”という単語が頭から離れない。それは“自立”出来ないと言うこと。快楽を提供してくれて、年齢さえも若返ったような感覚を保証してくれる道具に依存することは、もうそれだけで時代の“病み”をあらわしてはいないだろうか。いいじゃないの幸せならばーという歌があったが、そう言いはなつカップルに対してさすがの家田さんも言葉は出ない。時代の闇はかくまでに深いのかもしれない。

 

バイアグラなんかいらない、と言う「侠気」を僕は持ち続けたい。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved