エコステーション 早稲田商店会の藤村さん  2000/2/9     

日本中の商店街が青息吐息である。わが町でも今月初めに老舗のオモチャ屋さんが店を閉じた。子どもの頃から馴染みの店だっただけにショックは大きかった。

年々、郊外のショッピングセンターにおされて「**屋さん」というのがおしなべて減っている。絶滅危惧種とさえ言っていい。とは言っても、この荒波をくぐり抜けてきた店屋さんはそれぞれに元気な店が多い。商店街はこの個性的な独立自営商店の連携プレーで生き延びる道を探っている。

 

昨年の夏、入院中に「リサイクルを切り口にした商店街活性化とまちづくり」というテレビを観た。空き缶とペットボトルの回収機を空き店舗に設置して環境問題に取り組んでいる早稲田商店会のドキュメントだった。退院してすぐに商工会議所に働きかけて早稲田商店会長の安井さんを招いて講演会を開いた。全国リサイクル商店会サミットにも押しかけていって、都庁で話を聴いた。

 

その甲斐あって、砂川冬のフェスティバルでのエコステーション実験が決まった。空き缶とペットボトルの回収機は早稲田商店会から借りることが出来た。機械の設置やセッティングの為に事務局長の藤村さんがやって来る。今夜は美味い酒が飲めそうだ。

 

ここまで書き進んできたら、「よっこらしょ」と言いながら頬かむりしたバァさんがカウンターに本を置いた。ちょっと慌てて、いらっしゃいませ。『センス・オブ・ワンダー』 R・カーソン著 新潮社  1400円と『これからどうなる21』 岩波書店 1900円の2冊だ。これだからお年よりは侮れない。見えないところでのお客様との勝負は今日も続く。無言の真剣勝負が。

 

『スーパーおやじの痛快まちづくり』 安井潤一郎著 講談社 本体価格1600円(税別)

 

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる

(C)TooruIwata2000.Allrighsreserved