時間泥棒 エンデの贈りもの         2000/2/10

        

なんだかんだと言っては店を抜け出す事が多い。本屋の仕事、商店会の仕事、地域大学の仕事、趣味のことなど渾然一体となった一日を過ごしており、何処までが仕事で何処からが遊びなのか自分でもよく判らなくなっている。本屋という仕事を楽しく遊び、遊びの中に仕事のヒントを見つけるなどと言うとカッコ良すぎるが、そうでも思っていないと身体はまだしも精神が疲れてしまいそうになる。

 

ミヒャエル・エンデの「モモ」の中に出てくる灰色の男たち、時間泥棒たちとの終わりなき闘いだと思っている。あとどのくらいの時間が僕に許されているのかは知らないけれど、自分の中の優先順位を考えながら後々悔いを残さぬよう心がけている。

 

シュタイナーの子安美知子さんが監修して『エンデの贈りもの』という美しい本が出た。黒姫に童話館があることも、そこにエンデの資料が展示してあることも知らなかった。そして何よりもこの本を読むまでエドガー・エンデの事を知らなかった。

 

ミヒャエル・エンデの父親である。28歳の時、9歳年上のルイーゼのアパートに住みついてそのまま結婚。画家として身を立てるが、ヒトラーが政権を握ると「頽廃芸術」ということで帝国文化院より絵具購入許可証の交付を拒否され、しまいには作品を没収されてしまう。一家は貧乏のどん底に喘ぐ事になる。

 

息子のミヒャエルはヒトラー・ユーゲントに入るかわりに乗馬学校でしごきにあうことになる。16歳で召集令状を受け取るが破り捨てて逃亡。反ナチス抵抗組織の伝令として活躍する。こんな過去があの物語の陰にあったことを不覚にも今まで知らなかった。

 

クリスマスに「モモ」と「はてしない物語」を娘にプレゼントしたのは彼女が小学校高学年の頃であったろうか。この事だけは今でも感謝されている。

 

エンデの贈りもの [監修]子安美知子 [編著]堀内美江 [協力]信濃町黒姫童話館 河出書房新社 本体1800円(税別)

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる          (C)TooruIwata2000.Allrighsreserved