やっかい老人と付き合う法  川崎清嗣著  光文社

 

じいちやんにボケの症状が現れ出した。「歩く20世紀」と呼んでいる1901年生まれのあのじいちゃんである。その兆しは以前から見えていた。おとなしくなったかなと思ったらソファに座っていた姿勢がだんだんと傾いていって眠りこけてしまう。ああ気持ち良かったと風呂から上がってくるとバスタブの中に立派な‘大’が残されていたりした。

 

それでも正月には孫やひ孫の前で「わしの人生は戦争ばっかりだった。21世紀は平和であって欲しい」などと挨拶していたから、たいしたもんだ大丈夫だと思っていた。生きているのか死んでいるのかさえはっきりしないような今の日本人に発破をかけている言葉のようにも思えた。

 

町内の老人会の新年会に勝手に返事を出して欠席にしたことが気に入らなかったらしい。昨年の同じ会で、途中から「帰る、どうしても帰る!」と言って聞かず、タクシーを呼んだりして酷い目にあったからだ。そんなに帰りたがったのだから、きっと行きたがらないだろうと家人は気を使ったつもりだった。

 

烈火のごとく怒り始めた。怒りは心を曇らせると言うがボケも進行させるようだ。真夜中に突然起き出して、居るはずも無い‘誰か’に向かって大声で怒鳴っていたという。朝になったら富良野に住む息子のところへ連れて行けと言い出した。電話をかけても出ないから留守だよと言っても聞かない。もし連れていっても余計に大変な騒ぎになる事は目に見えている。

 

『やっかい老人と付き合う法』 川崎 清嗣著では、老人を介護している人の精神的ダメージや苦痛をどうやって癒していくかという、介護している人たちの側の「老人問題」を提起している。それはもちろん僕自身の問題でもある。老年期、すなわち思春期のころから潜在的に抱えていた「死の問題」に決着をつけるための、一生のうちの一番大事な時間をどう生きたら良いのか、じいちゃんは身をもって僕に考えさせてくれている。

やっかい老人と付き合う法  川崎清嗣著  光文社  本体価格829円

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる