喜びは悲しみのあとに 上原 隆著 幻冬舎1500円 2000/2/17

 

たとえば子育てを終えた夫婦がいて、夫は脳溢血のあと自宅療養している。その病状が重くなって、しかも看護している妻が倒れてしまったら、どうしたらいいだろう。こんな事が本当に起きてしまった。

 

看護ばかりの日常からの気分転換も兼ねて、週に二、三度4時間くらいパートに来てもらっていた。どうしても人手の足りない細切れの時間帯だけなので僕らにとっても助かっていた。

 

隣町のスーパーで働いている息子さんから電話があって、二人とも入院したこと。大事を取って2、3週間はかかりそうなことを知らせてくれた。不自由ながらもご主人の運転で一泊旅行なんかも楽しめるようになっていただけに、彼にとってもショックなようだった。

 

キャロル・キングの歌、「Bitter with the Sweet」の邦題を題名に戴いた本書はやさしい本である。書く対象にたいする愛情に満ちた本である。つらいことや悲しいことがあり、自分を道端にころがっている小石のように感じる時、人は自分をどのようにささえるのか?泣きながら生きているのは、自分だけじゃない、と著者は言う。

 

不幸せなだけの人生があり得ないように、幸せだけの人生があるはずも無い。どんな言葉も伝わらない絶望的な無力感を覚えるような状況もある。だからこそ、いまの悲しさが、将来の幸せのかくし味に思えるように願って、願って生きていこうと思う。

 

つぎは嬉し涙をぬぐいたいからね。

波乱万丈いわた書店へもどる

表紙へもどる